menu

学生が企業と商品開発…って、現実は?

新型コロナ感染症対策が緩むなか、感染拡大の一つの温床が学生であったりします。しかし、弾丸列車のような修学旅行計画は進んでいます。作っては消えを繰り返す現在ですが「学生が企業と商品開発」は、一つのトレンドになっているようです。

企業訪問の延長にある商品

探求型学習,商品開発,sdgs
2004年ですから16年前ですね、同様の旅行商品開発を依頼されたのは。環境学習、総合学習、進路学習とちょっと“カーブ”が投げられたときといいますか、総合学習推進に暗雲が立ち込めた反動として、進路学習があげられました。

そこで従来の企業見学(工場見学)の発展形として、企業の商品開発に触れ、生徒自らがそのプロセスに関わるというもの。しかし、企業機密に抵触するからといって受け入れる会社は少なく、当時は全く売れませんでした。しかし、時代は進みます。

CSRとして、活用事例は結果的に増大化した。

探求型学習,商品開発,sdgs

その後、企業イメージ向上につながるという意味で若者に接点が多い小売り、代表としてコンビニが動き出しました。以下の写真は2011年のもの。

すでに「高校生が商品を作る産学連携!」などと地域新聞を彩ります。見た感じ、エンドユーザーで若者の視点で商品が作られた。企業も、学校も新聞記事になり鼻高々でした。企業、市長、校長と学生という集合写真。実際に業績を上げたという話はこのころから聞いたことはありません。

システム化されていく経緯

探求型学習,商品開発,sdgs

ただ、CSR的観点からこれは地域密着企業としてのうまみはありました。現在はSNSの広がりが期待できるので、なおさらと思えます。ゆえに2008年ぐらいから企業のサービスとしてシステム化されていきます。

2011年段階で、このコンビニではこの「学生とともに商品開発」はパッケージングされ、当時おどろきました。実は出来上がる商品はもうすでに「どうでもいい」のです。そのプロセスとニュースソースが肝心なのでした。

組み合わせでできてしまう残念さ

探求型学習,商品開発,sdgs

商品化しても販売は短期限定、そもそも製造のラインに乗せる必要があり、新しいものは作れないし、作る気がない。なので素材はあり物を並べて組み合わせをさせる。

むしろ大切なのは“○○学校とのコラボ”といったPOPに意識は集中します。地域食材の再発見とか生ぬるいことはどうでもよく、味なんかもなんでもいいのです。ニュースソースのほうが肝心です。

はてさて、学生にとって学びになっているのか?

探求型学習,商品開発,sdgs

有名なコンビニと商品開発をした…こういった経歴は学生には残るでしょう。しかしそれは遊園地に行ってメリーゴーランドに乗ったとか、カヌー体験をやったから「カヌーしたことあります」と面接で言える程度でしょう。

探求型学習,商品開発,sdgs

こういった流れは修学旅行商品開発の亜流であり、マスツアーに乗っかった○○体験と同様のもの。今後の発展はありません。しかし現実はSDGsとか何とかいって、近年は広がりを確認できます。悪いですが、あまり社会的な意義は感じられません。若者を消費しているだけですから。

深くもっと発展できるはず

コロナ渦下の影響に関わる以前から、若者の起業や具体的な行動をクラウドで支える動きがありました。これはリモートの発展やネットの活用で進んでいる現実がありますね。逆に例えるとマスツアー化させることで、そういった若者の「芽」を摘みとていると指摘できます。

そういった仕組みづくりを、なにがしかの団体で推進することで結果的にはまちが豊かになるのではないか。そんなことを夢想しています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サステナブル ,使い方,永く使うサステナブル 使い方とは永く使うこと

滋賀県湖西,人口増加傾向,別荘流入人口増加傾向の滋賀県湖西で見えた。その実態…

関連記事

  1. 観光再生,旧態依然,関係人口

    「観光再生」で済ますならば「成長」はない

    今日の経済状況を俯瞰すると、GoToキャンペーンを象徴として政府による支援策…

  2. 観光資源,見つけ方,売り方

    観光資源とは?見つけ方、売り方

    観光の専門家として、さまざまな地域で紹介されると「ウチには何にもないですので…

  3. 関係人口,交流人口,KPI,地方創生

    関係人口は地方創生ではなく、もっと高い次元に

    2015年度に開始した地方創生政策の目玉である、「まち・ひと・しごと創生総合…

  4. まつり前,分散型観光商品,コロナ渦下,関係人口

    まつり前観光に大きな可能性はある。

    一点集中型観光が旅行業界にとっては美味しい…祭礼観光。大規模な祭礼となると、…

  5. 観光の持つ柔軟性としなやかさ

    観光はどうなる 地域と子どもたちは

    近き者説(よろこべ)ば、遠き者来たる…孔子の教えですが、ここ数年、この言葉の…

  6. SDGs,修学旅行,観光再生

    SDGs推進の修学旅行に感じる矛盾

    新型コロナ感染拡大に伴い、さまざまな旅行、観光がパラダイム変換を求められ、誰…

  7. 地域食材,良さ,苦しみ,レシピの発展,アマゴ

    地域食材の良さ、愉しみ、そして旅行者の苦しみ?

    日本の伝統的な地域食材は、発酵食品、季節限定の山野草、それらのかけ合わせで、…

  8. 武器,カラシニコフ機関銃,M16 5.56ミリ口径,レイオマノ

    武器がもたらす人類の進化と平和

    中東などで少年兵が持っているカラシニコフ機関銃などの映像を見て、この子どもた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SDGs,体験型学習,修学旅行業界
  2. デイト,デート,何する,楽と楽しい
  3. 車いす利用者,まち歩き,ガイド,ノウハウ
  4. 遊びカヌー,発祥の地,笠置,藤田清を偲ぶ,フジタカヌー
  5. まつり前,分散型観光商品,コロナ渦下,関係人口
  6. 地域食材,良さ,苦しみ,レシピの発展,アマゴ
PAGE TOP