menu

人口増加傾向の滋賀県湖西で見えた。その実態…

内湾漁業や個性的で親水性の高い文化

滋賀県湖西,人口増加傾向,別荘流入
夏に限らず泳げ、比良山などの独自の山系に恵まれた琵琶湖湖西は、昭和30年ごろから避暑地として定着した。湖岸には大規模宿泊施設が立ち並び、マス旅行で栄えつつも内湾漁業や個性的で親水性の高い文化は維持されてきた。

写真は「川端」といって“かばと”と呼ぶ。平野部に集まった水を用水として下へ流す。年中通じて水温の変わらない美しい水は、家の中を流れ、洗い物やコイなどの魚類の備蓄に使われた。

今、“かばと”は絶滅寸前だった

滋賀県湖西,人口増加傾向,別荘流入
バス釣りブーム全盛期にあってもこれらは存在し、滋賀県主催の「湖西ナチュラリストスクール」なる連続講座を企画・運営した。現在、巷のニュースでは護岸をはがし、生態網を守るヨシの保全が進みつつ人口流入が増加しているというので、再訪問してみた。しかし、23年前の姿はそこにはなく、荒涼とした湖畔が続いていた。

漁業からレジャー施設への変換

滋賀県湖西,人口増加傾向,別荘流入
そもそも国土交通省の基準があいまいであった昭和30年代、漁業空間は民宿やバンガロー村(湖水浴場)、ドライブインに変化したケースは少なくない。大津や近江今津などホテルの進出も目立った。現在これらが撤退、空き家化している。市町としても持ち主が見えず、台風接近などのあとはやっかい物件になっている。

まあ、見方を変えれば昭和30年代から高度経済成長期の雰囲気ものこり、独自の風情も感じられるが。

グランピング施設への転身と民宿の変質/h2>

滋賀県湖西,人口増加傾向,別荘流入
まとまった面積がある土地はトレンド(泣)というかグランピング施設へ。この2年の変化だという。湖畔は先に述べたように既得権益が残っており、規制対象にならない。民宿は近郊教育機関の合宿ニーズにこたえるべく、大型化。双方ともネット予約やビワイチの影響が少なくない。

稲作休耕地に関しては、ログハウスなどの宅地化が進んでいる。これはコロナ渦下の巣ごもり需要の反動といるだろう。事実、専門デベロッパーの上り旗が高島大津線に連なる。どうやって農地転用をんしえたかと推測すると、農地組合、JA、デベロッパーの利害関係が見える。人口増のカラクリだ。昔、箱館山から湖畔を見渡すと、水田が個性全体に痘痕のように彫りがっていた。水田も琵琶湖の一部と思った瞬間だった。今はログハウスは広がっているとでもいうのか。

漁村を偲ぶ…

滋賀県湖西,人口増加傾向,別荘流入
ブラックバス釣りの規制が利いたために、マリンレジャー関連施設は減少。現在は小さなテイクアウト店や、ご多分に漏れずグランピング施設だ。しかし、しっかり歩いてみると幹線道路を外れたところには、まだまだ漁村が残っていた。

写真はマキノ傷周辺の石積みだ。湖北になるが…。若干であるが漁村はまだ息があるようだ。自転車で幹線道路一周も結構だが、自転車であるなら余計に、これらの景色を見逃してほしくない。

滋賀県湖西,人口増加傾向,別荘流入
こんな神社もある…ネットでは、ほとんど紹介されtない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

探求型学習,商品開発,sdgs学生が企業と商品開発…って、現実は?

ホテル行く?,冗談,日本型宿泊滞在「ホテル行く?」コロナ渦下で変わった、冗談。

関連記事

  1. 岸和田ロケ,京都東映太秦映画村,だんじり,カーネーション

    太秦、五風荘、弥栄神社での岸和田ロケから

    2011年10月3日より半年にわたって放映されたNHKの朝ドラ「カーネーショ…

  2. 住民運動,日照権,保育園

    住民運動はカンタンに決着しない

    とあるまちからの依頼を受けて、住民主導の生涯学習推進に関わる委員会の委員長を…

  3. まつり前,分散型観光商品,コロナ渦下,関係人口

    まつり前観光に大きな可能性はある。

    一点集中型観光が旅行業界にとっては美味しい…祭礼観光。大規模な祭礼となると、…

  4. be-pal創刊,バブル,アウトドアブーム,日本

    第三次アウトドアブームはバブルとともに終焉

    アウトドアブームというのは史実としてどうなのか?なぜにわが社は儲からないのか…

  5. AnotherOsaka(アナザー大阪)という考え方

    AnotherOsaka(アナザー大阪)という考…

    特定の政党が独善的に進める都構想というものに反対している、大阪の一市民です。…

  6. 奄美大島,徳之島,世界自然遺産登録

    奄美世界遺産登録は変革のチャンス

    2021年5月、ユネスコの諮問機関IUCNが「奄美大島、徳之島、沖縄島北部お…

  7. 終わる,バブル,アウトドアブーム,日本,リーマンショック

    バブルからリーマンショック、アウトドアブーム終わ…

    日本におけるアウトドアブームのターニングポイント、POPEYE創刊が昭和51…

  8. 地域食材,良さ,苦しみ,レシピの発展,アマゴ

    地域食材の良さ、愉しみ、そして旅行者の苦しみ?

    日本の伝統的な地域食材は、発酵食品、季節限定の山野草、それらのかけ合わせで、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SDGs,体験型学習,修学旅行業界
  2. デイト,デート,何する,楽と楽しい
  3. 車いす利用者,まち歩き,ガイド,ノウハウ
  4. 遊びカヌー,発祥の地,笠置,藤田清を偲ぶ,フジタカヌー
  5. まつり前,分散型観光商品,コロナ渦下,関係人口
  6. 地域食材,良さ,苦しみ,レシピの発展,アマゴ
PAGE TOP