menu

情報動脈硬化の生涯学習を救う

総合学習を進めるときに、地元の方が地元のキーマンを知らない。この課題は探求型学習のお手伝いをしているこの数年、深刻さが増してきている気がします。行政や市民が互いに価値を認識できていないというのは、生涯学習機能が動脈硬化状態に陥っているのが原因とみています。

前近代的な日本の生涯学習方向性…

「人々が自己の充実・啓発や生活の向上のために、自発的意思に基づいて行うことを基本とし、必要に応じて自己に適した手段・方法を自ら選んで、生涯を通じて行う学習」というのが生涯学習の日本での定義ですが、欧米ではいたって簡単。「人が生涯にわたり学び・学習の活動を続けていくこと。」と、いたってシンプルなのです。

どうも日本では、小難しく考えるから現在おかしなことになっていると思います。学びは自発的に行うことが前提で、あえて主張するのは“教えてやる”“教えるために教育委員会はある”といった、前近代的な方向性を誇示しているからではないでしょうか?普通に選ばせて、好きになったら深めればよろしいのです。

組織構造が現在・未来に即していない。…

生涯学習,動脈硬化,教育委員会

4年ほど前「年に1回イベントやるので手伝って」ということで、ほいほいあるまちの生涯学習の会議体の委員になりました。ほかの委員は子ども会やPTA、社協、障がい者福祉のなど関係者。イベントというのはまちの生涯学習フラッグシップ事業という位置づけで、市民を集めて諸方面の方々の公演を聞くというものでした。

このイベントのために生涯学習課へ年間6回ほど集い、実施計画や広報を検討する。誰に登壇を求めるか、候補がすぐ出ない。わが町の実践者を皆さん、まったくご存じない。ジャンルとまちの名前で、一定の候補者は拾えるが誰もしない。情報の動脈硬化を実感しました。

同じまちで同じころ、府立高校の探求学習のご支援を始めていて、同じ壁にぶつかりました。先生方が、まちのことをご存じない。何が原因なのか?

教育委員会が固いのでは?

生涯学習,動脈硬化,教育委員会

図1)は現状の教育委員会の一般的な構造。記載している以外にも様々なセクションがありますが、タテ型構造がなんでも悪い!とは言わないまでも、このセクション仕切りが障壁になっていないでしょうか?それぞれのセクションの財産であるヒト・モノ・コトの情報が、ほとんど共有されていない。

昔は広報誌などがその垣根を低くしていたようですが、現在の市町村広報は文字が大きくなり、記載できる内容は限られています。公式サイトも残念ながらアカウンタビリティーよりもコンプライアンスを優先するため、無駄な情報はほとんどありません。市町は案外、情報過疎なのです。

有機的、機能的な組織の在り方

生涯学習,動脈硬化,教育委員会

いうまでもなく少子高齢化は深刻であって、人口減少社会は必然的に自治体の財源を苦しめます。また、社会的なニーズは複雑なICT進化のなかにあっても、ヒューマニックなものを望みます。ましてや、生涯学習はお年寄りから子ども。これからは福祉の充実、LGBT的観点も求められます。

せめて、ヒト・モノ・コトの情報を共有するべく、有機的、機能的な組織の在り方をめざすべきです(図2)。マッチングだけならだれでもできますが、その後の継続的支援まで俯瞰していかねばなりません。

異種配合が生涯学習を育てるのではないか?

生涯学習,動脈硬化,教育委員会

昆虫の生態を観察していた結果、自然災害に関心を持ったとか、読書深めるうちにスポーツをはじめ、その尊さを知り福祉事業を始めた…。こんな事例はいっぱいあるでしょう。こういうことを推し進めるのがフラッグシップ事業ではないのかと考えています。まちを支えてくれる人材の育成であり、うまくいけば事業化も可能です。

ちなみに冒頭で紹介した生涯学習の会議体では、任期満了を過ぎた昨年度に委員長に推進され、「ちゃぶ台返しをしますよ」と了承のうえ、現在も続けています。すでに先般「ちゃぶ台返し」をやらかしました。

早いうちに血液をサラサラに?

生涯学習,動脈硬化,教育委員会

先日、そのまちの博物館で開催された自由研究相談会において研究者が子どもたちとやり取りするなか、図書館の司書さんが何冊もの書籍を持参して1コーナーを担当されていました。要はこういった流れが、普通になればいいのです。

同時にデータベース化も必要でしょう。年表、郷土史だけではなく、リアルタイムでヒト・モノ・コトの情報を加えていけるような。DX活用で何とかしたく、それらの対策を組み合わせ、早いうちに血液サラサラにせねばなりません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

五輪,オリンピック,国体,タブー五輪や国体などにおけるタブー

ライフジャケット,桜マークライフジャケットの桜マークですが…

関連記事

  1. 6泊7日滞在,観光産業

    6泊7日以上滞在ができそうな市町

    感染症拡大のなか、今年の2月に帝国ホテルが30泊(最安で36万)プランを発表…

  2. be-pal創刊,バブル,アウトドアブーム,日本

    第三次アウトドアブームはバブルとともに終焉

    アウトドアブームというのは史実としてどうなのか?なぜにわが社は儲からないのか…

  3. 滋賀県湖西,人口増加傾向,別荘流入

    人口増加傾向の滋賀県湖西で見えた。その実態…

    内湾漁業や個性的で親水性の高い文化夏に限らず泳げ、比良山などの独自の…

  4. 動画映像、CF。PuPAの世界観

    渡邉隆が関わった動画、およびCF(コマーシャルフィルム)について、まとめてお…

  5. ヨットに乗せてもらって実感した北前船航路

    淡路島観光スポット、もっと視点を変えて

    この一年ほど淡路島に趣く機会が増えており、いくつか気になることが多いのです。…

  6. 住民運動,日照権,保育園

    住民運動はカンタンに決着しない

    とあるまちからの依頼を受けて、住民主導の生涯学習推進に関わる委員会の委員長を…

  7. Human Nature(ヒューマンネイチャー)

    Human Nature(ヒューマンネイチャー)…

    経済至上主義的な世界をめざすか、質の高い生きかたによる世界(quality …

  8. コンクリートから人へ,ダム,トンネル

    コンクリートから人へ…は神話と化した

    悪名が高い鳩山由紀夫元首相の演説「コンクリートから人へ」は優れた指摘だったし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SDGs,体験型学習,修学旅行業界
  2. デイト,デート,何する,楽と楽しい
  3. 車いす利用者,まち歩き,ガイド,ノウハウ
  4. 遊びカヌー,発祥の地,笠置,藤田清を偲ぶ,フジタカヌー
  5. まつり前,分散型観光商品,コロナ渦下,関係人口
  6. 地域食材,良さ,苦しみ,レシピの発展,アマゴ
PAGE TOP