menu

街 第二話「土管」について。少し詳しく

電線や電柱、信号機、日常とのそのなかでの違和感…庵野秀明監督がいかにも好みそうで、当時当然全くそんなことは意識せず、20歳の私が制作した自主映画「土管」です。実は背景に面白い話がいろいろありまして…今となって舞台裏をご紹介します。

母親が白血病になり、若いA型の血液が必要であった

「街 第二話 土管/弾超七劇場」

主演の村上泰輔さんをはじめ、大学を除籍された後の私には“若いA型の血液”を集めるため、大勢の友人を母の病院へ連れていき、献血(というか血小板を取り出す)に協力をいただきました。母を延命させるにはその手法しかないと宣言されていたのであります。

実はそのときの苦悩感…なのですね、この短編映画。映画を撮影するうえで費用が必要で、大切にしていた8ミリカメラを担保として“好きなだけフィルムを買っていい”という約束を取り付け、何度も何度もテイクを繰り返しました。NGカットが先日発見でき、恐ろしい量のフィルムが残存し、驚かされました。

1985。バブル期の若者のむなしさ

土管,弾超七

ロレックスしてマハラジャに出かける同世代を見ながら「なんで俺はドラキュラみたいなこと続けなあかんねん」と口惜しく感じてました。しかし…マハラジャに行ってみると(行ってるやん…)実につまらない現実。そしてその一方で日雇い労働をしながら、チクチクお金をためており、実はこの年、母の死後、家出を敢行しました。

便利屋に参加し月給6万5千円、家賃は2万5千円!今考えるとおとぎ話のような事実でした。バブルの絶頂期、私は小麦粉をこねて、何とか食をつないでいました。相当に狂った生活ぶりだったのでしょう。

意外と評価は高く、コンペに出展するが

土管,弾超七
完成後、内部のお披露目では評価が高く、国内有数の自主映画コンテストに出すべきと助言をいただき出展。この1985年、1986年は自主映画の世界では劇的な年だったと記憶しています。しかし…

枚方市香里園にあった映画館が閉館するという情報が入り、そのレクイエムとして自主映画の祭りをするというのです。高校の近所にあった二つの映画館、ここには思い入れがありました。運営側について近隣の映像作家に声をかけ作品を集めたのですが、足りません。仕方なくコンテストの事務局(ぴあ)に依頼し応募中の「土管」を返却してもらいました。

まぁ…ぴあには電話でえらい怒られました。「最終候補の審査に出すのに、なぜ返却させる!」と。

しかし上映会はドタバタ

土管,弾超七
香里園映画館のファイナルイベントは…とんでもないものでした。運営が甘かったのでしょう。現実的には考えられないのですが、ショートムービーばかりだから人から借りた映写機、たった一台で上映する姿勢。フィルムが切れたらどうするんだとかいう心配を全くしないままで進行したら、あっさりトラブル続出。

予定の上映スケジュールを変えて、音声なしでも写せる「土管」を映して、その場を逃れました。これが最初で最後の「土管」上映になったのです。このトラブルを私は全く関知しておらず、同時刻で友人の友人を「原理」のオルグから救出すべく、喫茶店で議論していた…そんな時代でした(笑)。

もし「土管」が評価されていたら

土管,弾超七

もし「土管」が評価されていたら…私の人生は大きく変わったでしょう。この年の作品は前述したように豊作で「草の上の仕事」に注目が集まりました。爆笑問題の太田光が助演している作品です。翌年は審査員の佐野元春に絶賛された「花火」が受賞。これは「土管」の撮影監督をお願いした小池隆監督の作品です。

怨めしい。

とは言いませんが、もしかして映像作家の道があったのかもしれないという秘密の作品なのでした。ただ現在思うところは…あのとき、香里園映画館のファイナルイベントの重要さをもっと意識すべきだったかと。作家よりもプロデュース側に回ったほうが、自分の役割には適しているのでは?

ま、そして現在に至るわけです。プロデューサーであり、映像作家でもあり得る。黒澤明監督、庵野秀明監督が示してますね。実相寺監督にはそれはできなかった。そういうインフラが整ってきましたので、母親に報いるうえでも、どこかにまた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アウトドア,世界のあそび,民族遊戯大事典アウトドアブーム?世界のあそび民族遊戯大事典に学べ

神社,新型コロナ感染防止,戎っさん,恵比寿神社に致命的。新型コロナ感染防止下の戎っさん

関連記事

  1. 観光再生,旧態依然,関係人口

    「観光再生」で済ますならば「成長」はない

    今日の経済状況を俯瞰すると、GoToキャンペーンを象徴として政府による支援策…

  2. 石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ),ご利益,参道

    参道は時代の鏡、石切さん(石切劔箭神社)の場合

    時代にしなやかに対応する参道一般的に参道は社寺に導く参詣道で、祭りな…

  3. カヌー,事故,カヤック

    カヌーの事故…危険なマップに注意

    自然な河川において人口の構造物は危険な存在で、橋梁、テトラポット、そして簗な…

  4. 人間関係資本を主軸とした観光へ

    人間関係資本を主軸とした観光へ

    「ディスカバリージャパン」とか「青春17きっぷ」とか…「遠くへ行きたい」とか…

  5. コンクリートから人へ,ダム,トンネル

    コンクリートから人へ…は神話と化した

    悪名が高い鳩山由紀夫元首相の演説「コンクリートから人へ」は優れた指摘だったし…

  6. 妖怪,アウトドアガイド

    「妖怪」はアウトドアガイドのトークネタ

    現地に住んで日常的に自然を見るのと、都市部で暮らすものが野外に一時期滞在して…

  7. 観光PR動画,おもしろい,集客効果

    おもしろい観光動画は集客につながるのか?

    2015年、地方交付税の大幅な給付に伴いシティープロモーションという言葉がも…

  8. 終わる,バブル,アウトドアブーム,日本,リーマンショック

    バブルからリーマンショック、アウトドアブーム終わ…

    日本におけるアウトドアブームのターニングポイント、POPEYE創刊が昭和51…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ),ご利益,参道
  2. ホテル行く?,冗談,日本型宿泊滞在
  3. 滋賀県湖西,人口増加傾向,別荘流入
  4. 探求型学習,商品開発,sdgs
  5. サステナブル ,使い方,永く使う
  6. 白土三平,岡本鉄二,さいとうたかお
  7. ローカルフード,ソウルフード,バラゴン,タマカラ
PAGE TOP