menu

第三次アウトドアブームはバブルとともに終焉

アウトドアブームというのは史実としてどうなのか?なぜにわが社は儲からないのか?そのあたりのについて連載しております。第三次アウトドアブーム、ターニングポイントとしてのPOPEYE創刊が昭和51年(1976)年。そこからバブル終焉までがアウトドア第三次ブームであったと解釈しています。その間の出来事についてお話ししましょう。

アウトドア以外企業からのマーケット参入

be-pal創刊,バブル,アウトドアブーム,日本

写真は創刊直後のPOPEYE、PIONEERの広告ですね。だいたいどこのバカが、テントのなかでこれだけのラジオや録音機器をバックパッキングで持参しますか?非現実的なのですが、現在のグランピングに通じるものもあり、笑えますね。

アウトドア業界が変質を始めます。アウトドア市場が動いているから、異なったマーケットからの参入が始まりました。広告担当者は実際に同様のことを行ったとは考えられませんが、オーディオ機器市場はこの後もアウトドアマーケットと付かず離れずの関係になるわけで、興味深いです。

ライフスタイルの変化は周辺市場をも巻き込む

be-pal創刊,バブル,アウトドアブーム,日本

こちらもPOPEYE。ハイテックは死語ですがITCと言いかえれば現在も同じですね。しかしこのファッションは…。ある意味「アウトドア」が一つの祝詞になり、そこに群がる商業構造と考えると分かりやすい。POPEYEとしてはそれで広告収入が得られるわけですので、どんどんへんてこりんな誌面企画が展開していきます。

「哲学」重視のアウトドア人間としては“それはないやろ”と冷ややかに、ななめ読みしておりました。しかし世間、マーケットとはそういうものです。

BE-PAL創刊で新風は吹いたのか?

be-pal創刊,バブル,アウトドアブーム,日本

女性のバストアップを表紙に飾るなど、書店で見かけて腰を抜かした(当時私、中学生)BE-PALの創刊は、昭和56年(1981)。ヤマ系のoutdoorとは一線を画し、カジュアルな接点としての月刊誌の登場には胸が躍りました。

クルマ好き、釣り好き、ジョギング好き、かなり広範な読者が関心を向けたと思います。椎名誠、野田知佑、沢野ひとしなど、その後のアウトドアライター輩出にもつながります。多くの企業がアウトドアに参入し、広告を見るだけでも楽しめました。当時の紙面を見るとキャンプ場や、ちいさなアウトドアショップの広告もあり、そのほとんどが現在死滅していることが泣けてきます。

本紙では井伏鱒二、開高健、白土三平、植村直己…ヘンリー・D・ソロー、レイチェル・カーソン、イヴォン・シュイナードなどを紹介し、導かれるまま自分の哲学を作りました。しかし…

物欲のほうへ!?マーケットニーズに哲学は不要

be-pal創刊,バブル,アウトドアブーム,日本

カタログ誌が重要な収入源となっていきます。決して悪いことではないのですが、哲学を順守するメーカーなどが埋没することで「哲学の希薄化」が進みました。現在のコンテンツビジネス同様で、出版社、代理店、メーカーが呉越同舟で文化をむしばみます。バブル期に進んでいますので、可処分所得は多い…。

ここで大きな問題になるのは、量販店でのアウトドアグッズ販売でした。ホームセンターで寝袋やテントが買えてしまう。この潮流には

1)パット出のチャネルを持つ企業がアウトドア用品を作る
2)それなりの会社も劣化(安価、しかもパクリ)した商品を作る
3)なんちゃって感覚でアウトドア市場に参入する

とうい現象が勃発し、実は現在にもつながります。

迷走を始めるアウトドアの哲学

be-pal創刊,バブル,アウトドアブーム,日本

この時代に購入した道具…全て今も現役です。ブーツなど、特にドロミテはすでに三代目でソールの張替え(わざわざ米国へ送って修理。新品を買うほうが安い)回数はトータル7回ぐらいになるでしょう。

アウトドア用品とはヒトの命を左右するもの…そう考えています。それは鍋やカマとひとしく、一定のコンディションで働き、なくてはならないものなのです。それがアウトドアの哲学。一部だと思います。だいたい新製品など、数年に一つしか作りえないわけですから。

Popeye、BE-PALは最終的にここまではたどり着けなかった。簡単にいうと「精神性を求めるアウトドア」と、「トレンドとしてのアウトドア消費」が二分することにつながったといえるでしょう。ゆえに哲学系の弊社が儲からない原因が見当たりますね。

 

リバウンド的にアウトドア哲学を求める動きも…

be-pal創刊,バブル,アウトドアブーム,日本

その後バブル期になり、特にスキー業界などはとんでもない状況になります。

総合保養地域整備法(リゾート法)施行、昭和62年(1987)が稼働状態に入り、リゾートという聞きなれない言葉に魅入られつつ国民は泳ぎ出しました。バブル期のアウトドアについてはまた機会があれば紹介しますが、実にばかばかしいものでした。

しかしマーケットはホームセンターとともに、古参メーカーが参入するなど一定の活性、定着を見せていきます。日常化するいった感じでした。そのなかで、「やっぱりちょっと違うやろ」という提案が…平凡社(マガジンハウス)からまた発生します。

この流れは大変興味深く見ておりましたが、バブル終焉とともに継続はされませんでした。そして…アウトドア業界の暗黒時代はこの後、長く続くのです。

・「アウトドアブームとは?POPEYE創刊まで」

アウトドアブームとは?POPEYE創刊まで

「バブルからリーマンショック、アウトドアブーム終わる」

バブルからリーマンショック、アウトドアブーム終わる

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オンラインツアー,有料,観光,集客有料オンラインツアー活用で観光客リアル集客

終わる,バブル,アウトドアブーム,日本,リーマンショックバブルからリーマンショック、アウトドアブーム終わる

関連記事

  1. カーネーション朝ドラ,聖地,ヒロイン,尾野真千子,岸和田

    カーネーション朝ドラへ聖地へ。制作発表から表敬訪…

    朝ドラ史上最高傑作と謳われる「カーネーション」。2011年10月3日より放映…

  2. POPEYE創刊,1976,アウトドアブーム,日本

    アウトドアブームとは?POPEYE創刊まで

    渡邉さんの会社はアウトドアブームですから、儲かっていますよね!とよく言われま…

  3. タカラジェンヌ,阪急宝塚駅,聖地観光マーケティング

    阪急宝塚駅から聖地マーケティングを学ぶ

    聖地巡礼という観光行動が一般化し、はてさてそれはどんな観光産業を伴うのか?い…

  4. 観光振興はイコール地域活性化って本当?

    観光振興はイコール地域活性化って本当?

    明日香法(歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法)がある明日…

  5. 五輪,オリンピック,国体,タブー

    五輪や国体などにおけるタブー

    2021東京オリパラにおいて「やっぱりな…」という触れてはいけない領域がある…

  6. 関係人口,交流人口,KPI,地方創生

    関係人口は地方創生ではなく、もっと高い次元に

    2015年度に開始した地方創生政策の目玉である、「まち・ひと・しごと創生総合…

  7. しあわせをよぶ観光,関係人口

    しあわせをよぶ観光。関係人口増大へ

    観光公害といったキーワードが懐かしい、コロナ渦下の今日この頃。早い段階での集…

  8. 観光再生,旧態依然,関係人口

    「観光再生」で済ますならば「成長」はない

    今日の経済状況を俯瞰すると、GoToキャンペーンを象徴として政府による支援策…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 五輪,オリンピック,国体,タブー
  2. コンクリートから人へ,ダム,トンネル
  3. かわいいウミウシ,動画撮影,マクロ,老眼
  4. おうち時間,昭和家電,ノイズ,映写機,プレイヤー
  5. タカラジェンヌ,阪急宝塚駅,聖地観光マーケティング
  6. しあわせをよぶ観光,関係人口
  7. 観光資源,見つけ方,売り方
PAGE TOP