menu

6泊7日以上滞在ができそうな市町

感染症拡大のなか、今年の2月に帝国ホテルが30泊(最安で36万)プランを発表し、直後に売り切れたというニュースは興味を持ちました。外出づらいので、質の高いサービスを愉しむ…。海外リゾートでのバカンスなどでは常識ですが、今まで日本では忌避されていました。ある意味これは日本の観光を変えるエポックだったのです。

京都、大阪では容易に可能な6泊7日

6泊7日滞在,観光産業

私の関わった市町のなかで、仮に6泊7日の滞在とアクティビティーを提供できるところがどのくらいあるものか?もっというと、自分がメインガイドとしてご案内して信頼できるにローカルガイドにバトンを渡し続けれるかという観点です。

宿泊場所は数回変えることで、地域の食や交流のバリエーションと高めれるところとなると真っ先に浮かぶのは弊社のある大阪市、そして京都市です。豊富な宿泊施設、メディアに紹介されない穴場などまち歩きコースとともにガイド人材も豊富です。特に食は奥が深すぎます。

多彩なコンテンツからテーマを選べる神戸市

6泊7日滞在,観光産業

神戸市は、半年間で50数コンテンツを組み立てた経験がありますので、結構テーマ豊かにに組み上げれるでしょう。ファッション、建築、グルメ、温泉、アウトドア、ナイトアミューズメントなどなど、嗜好性にあわせた飽きさせないものができます。パン屋めぐるだけでも4日は持ちそうです。洋食屋なら、おそらく7日は繋げれるでしょう。

神戸という品格があるので、宿泊施設もそれなりのを選ぶ必要がるため、少々お高くなるかも。思えば「おとな旅 神戸」をやっていて収益性の低さが弱点だったことを考えると、なぜあのとき6泊7日の発想が浮かばなかったか、無念ではあります。

別府市…地獄めぐりだけではない。

6泊7日滞在,観光産業

ハイソサエティーなホテルの温泉から、無料の公共・公衆浴場まで多彩なお湯のまちは当然ながら組み立てれます。考えてみれば湯治の感覚であり、もともとそうであったわけで、少し足を延ばすと「ちとややこしい」ところもあり楽しめます。

私個人的な欲望としては、鉄輪でなら地獄蒸しだけで3か月ぐらい滞在できそうな勢いです。まあ、6泊7日というのは採算ラインと飽きのこないコンテンツの組み合わせで旅行商品として成立するでしょう。

そもそも団体旅行にせよ個人旅行にせよ、日本の場合1泊滞在が前提なわけで旅ホ連も旅行会社も頭が固いのです。とある地方の有名旅館に2泊3日した折、同じ夕食が出てきたこと思い出します。

 

漁師仕事を楽しみながら滞在できる伊根町

6泊7日滞在,観光産業

富裕層欧米人のバカンスのなかで、現地人の仕事を眺めて長期滞在するスタイルも少なくありません。それは決して体験するとかいったものではなく、景色の一部として鑑賞するスタイルです。これが可能なのが舟屋で著名な伊根町。

実際、舟屋型の宿泊施設も増加傾向にあり、良いホテルからかなりワイルドな舟屋までいろいろと選べるでしょう。20年ほど前に視察に赴いたニセコ(インバウンドの旗手であった)で見た光景は、大型のバッグを大量に積載できる、新千歳からの直行バスでした。自分たちで観光業によってまちの賑わいを拡大してきた伊根町にとって、6泊7日滞在を実現するにはこういった交通インフラの拡充が課題となるでしょう。

仁淀川との組み合わせで可能性がある高知市、伊野町

6泊7日滞在,観光産業

実は高知市だけでは6泊7日は持たない高知市…ですが、仁淀ブルーで知られる伊野町と組み合わせることで、地元のポテンシャルがさらに広がります。2泊ほどグランピング施設(予約が取りにくいと聞くが…)高知の山、里、海など地理的な要因がよくわかり楽しめます。

梼原の雲の上ホテルは景観鑑賞を強く意識した平屋建てで、最高級オーディオがありテレビはなし。料理はカウンターでいただける受け入れ人数を極限まで減らしたものでした。今考えるとあれは長期滞在を強く意識した、高知のめずらしいホテルでした。

沖縄と一線を画する奄美市、さらに異なる徳之島

6泊7日滞在,観光産業

鹿児島の島はそれぞれが個性的な文化を備えており、すべてが沖縄とは一線を画します。船舶での移動を含んで二つの島、6泊7日滞在は可能です。二島を比べながらレンタカーで巡るのは、かなり濃いと思われます。微妙な食文化の違いや、歴史的な島の文化的相違…ぜひメインガイドを務めてみたいものです。

ほかにもいくつか候補は見当たるのですが、コンテンツはあれど…ローカルガイドなどの人的資源の少なさと、魅力ある宿泊施設の少なさで6泊7日が組めないところも少なくないですね。

6泊7日が休めない…というあなたは有給とリモートワークをもっと深めていただくことで、旅行の概念を変えていただきたい。今回ご紹介した市町は、帝国ホテルの6泊7日よりもずっとお安いのだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

旅行会社,観光産業,瀕死観光というティラノサウルスは

こだわりとは何か,浜村淳,表現こだわりとは何か?表現力の弱さ

関連記事

  1. 神社,新型コロナ感染防止,戎っさん,恵比寿

    神社に致命的。新型コロナ感染防止下の戎っさん

    社寺における新型コロナ感染防止下の初詣の分散化は仕方ないかもしれません。しか…

  2. GIGAスクール構想,修学旅行,語り部

    GIGAスクール構想の影響は学校だけでは済まない…

    子どもたち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育 ICT 環境の実現に…

  3. 観光再生,旧態依然,関係人口

    「観光再生」で済ますならば「成長」はない

    今日の経済状況を俯瞰すると、GoToキャンペーンを象徴として政府による支援策…

  4. 人間関係資本を主軸とした観光へ

    人間関係資本を主軸とした観光へ

    「ディスカバリージャパン」とか「青春17きっぷ」とか…「遠くへ行きたい」とか…

  5. 奄美大島,徳之島,世界自然遺産登録

    奄美世界遺産登録は変革のチャンス

    2021年5月、ユネスコの諮問機関IUCNが「奄美大島、徳之島、沖縄島北部お…

  6. AnotherOsaka(アナザー大阪)という考え方

    AnotherOsaka(アナザー大阪)という考…

    特定の政党が独善的に進める都構想というものに反対している、大阪の一市民です。…

  7. 動画映像、CF。PuPAの世界観

    渡邉隆が関わった動画、およびCF(コマーシャルフィルム)について、まとめてお…

  8. ヨットに乗せてもらって実感した北前船航路

    淡路島観光スポット、もっと視点を変えて

    この一年ほど淡路島に趣く機会が増えており、いくつか気になることが多いのです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. こだわりとは何か,浜村淳,表現
  2. 6泊7日滞在,観光産業
  3. 旅行会社,観光産業,瀕死
  4. 父親のあり方,記憶,教え
  5. 住民運動,日照権,保育園
  6. オールナイト上映,ユウラク座,映画
PAGE TOP